結婚指輪選びに困ったらランキングをチェック

デザイン別の特徴

それぞれに魅力が

ハート

結婚指輪のランキングサイトを覗いてみると、様々なデザインの結婚指輪が紹介されています。結婚指輪のデザインにはどのような種類があるのか、また今トレンドのデザインを知りたいという場合、ランキングサイトを参考にしてみるのも良いでしょう。ランキングサイトで紹介されている結婚指輪のデザインは、大きく分けて4つの種類があります。1つ目はシンプルなストレートラインです。ストレートラインの指輪は、年齢やファッション・男性・女性問わず身に着けやすいデザインとなっています。同じストレートでも指輪の幅が違うと、印象がガラリと変わる点もストレートラインの特徴です。2つ目はウェーブラインの結婚指輪です。ウェーブラインは指輪のアーム部分が、緩やかなカーブを描いています。女性らしい曲線が美しいデザインです。女性のみウェーブラインの結婚指輪にして、男性はシンプルなストレートラインを選ぶという事も可能です。ウェーブよりもアームのカーブが、より鋭角になっているV字ラインは指を長く・細く見せる効果が期待出来ます。Vの形が視覚効果によって、指をスッキリ見せてくれるのです。指が太い男性でも、似合うデザインです。近年、結婚指輪のデザインとしてランキングでも上位に入る、エタニティリングはアーム部分にメレダイヤが敷き詰められたデザインになっています。ゴージャスな結婚指輪を購入したいという場合に、エタニティリングは選ばれているようです。

デザインごとに異なる魅力

夫婦

デザインを重視して結婚指輪を購入する方は、まず大まかな宝石の設置方法から選んでみましょう。結婚指輪の中でも代表的なのがソリティアです。ソリティアは指輪の中央に宝石を一粒載せているデザインですから、大粒の宝石をあしらった指輪がほしい方に向いています。ブランドショップでソリティアの結婚指輪を購入する際は、爪の有無も考えておきましょう。ソリティアと言えば高い爪がある方が宝石の輝きが増しますが、リング部分に埋め込んでいる結婚指輪もあるのです。こうしたブランドの結婚指輪であれば、出っ張っている爪の部分が外部に引っかかりづらいですから機能的です。結婚指輪にもっと多くの宝石をあしらいたい方であれば、ブランドショップでパヴェを選択すると良いでしょう。パヴェとは石畳と言う意味ですが、その名の通りリングに宝石を敷き詰められます。無色透明のダイヤモンド以外の宝石も使って結婚指輪を彩りたい方に向いています。パヴェよりも大粒の宝石を複数使った結婚指輪がほしい場合、メレを選択すると良いでしょう。メレのデザインはセンターストーンとサイドストーンから成り立っています。こちらも複数の宝石を使用しているため、夫婦にとって好みの宝石を選択しやすいのが魅力的です。またブランドショップでリングだけの結婚指輪を購入する際も、デザインに注目しましょう。リングはウェーブやV字型などの種類があります。最もスタンダードなのは円形であり、フォーマルな場所でも身につけやすい特徴があります。

デザイン別の特徴

指輪

夫婦となる証として身につける結婚指輪は、ブランドやデザインにこだわりを持って選びたいと考える方も多いでしょう。ジュエリーブランドでは様々なデザインの結婚指輪が販売されていますが、一般的に多いデザインは3種類挙げられます。まず定番の結婚指輪ともいえるストレート型です。ストレートリングはすっきりとした、円を描くシンプルなデザインが特徴です。ジュエリーブランドでも取り扱っている種類が多く、毎日身につけていても飽きの来ないベーシックさが人気になっています。指先にさりげない輝きをプラスしたい方にもうってつけです。次に挙げられるのがウェーブ型です。ウェーブリングはおしゃれなデザインが多く、ジュエリーブランドではそれぞれ凝ったデザインが多い傾向にあります。デザイン性を重視して選びたい方も満足しやすいでしょう。ウェーブ型は指先を華奢に、優しく見せてくれるので指の太さが気になるという方にもおすすめのデザインです。3つめの種類は、V字型です。V字型リングはストレートリングの中央部分に、縦の切り込みが入ったデザインが特徴です。V字型は指先を華やかに、おしゃれなイメージに見せてくれます。女性はもちろん、おしゃれに気を使っている男性にもぴったりなデザインでしょう。また、V字型よりもカーブがなめらかなU字型もあります。どちらの結婚指輪も指を縦に長く、細く見せてくれるので指をすっきり長く見せたい方にもおすすめです。